ぼーず奮闘記

PHP、JavaScript、便利ツールなど気になるものを適当に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
Trend Match

「Trend Match」とは、ブログやホームページに関連性の高い内容の広告を配信し、広告収入を得るクリック報酬型プログラムです。あなたのブログやホームページで、効率的に広告収入を得ることができます。 ブログ・ホームページを運営されている方ならどなたでもお申し込みが可能です。



複数アフェリエイトの中から、そのページにあった広告を配信してくれる優れものらしいです。

審査通るかな・・・。

Ajaxとは 【Asynchronous JavaScript + XML】
http://e-words.jp/w/Ajax.html

読み方 : エイジャックス
フルスペル : Asynchronous JavaScript + XML

 Webブラウザに実装されているJavaScriptのHTTP通信機能を使って、Webページのリロードを伴わずにサーバとXML形式のデータのやり取りを行なって処理を進めていく対話型Webアプリケーションの実装形態。



色々調べたことをまとめると、Ajaxとは「DHTML、CSS、JavaScript、HTML、XML」など既存の様々な技術を利用し、画面遷移を行わないシームレスなWebアプリケーションを作成することのできる技術の総称である。

「Asynchronous JavaScript + XML」となっているが、XMLを使わなければいけないという事ではない。プレーンテキスト形式であればなんでも良いようで、それを受け取ったJavaScript側で整形すれば良い。

JavaScript側でデータを利用しやすいものとして、JSONがあり今後はXMLよりもこちらのほうが一般的になりそう。

prototype.jsや、DOJOなどのJavaScriptフレームワークもAjaxに対応しており、これらを使って簡単にAjaxを実装することができる。prototype.jsは、これを利用した様々なライブラリも公開されている。
FC2ブログの管理画面がAjax対応したということで早速AjaxをONにして管理画面を利用してみたわけですが・・・これはAjax対応した意味があるのか?

ページ遷移なんてAjax対応以前の方がスムーズだった。今じゃ何の操作をするにしても「更新中」ですといううざったい画像が表示される。ユーザビリティを向上させる為にAjaxを利用するわけであって、これじゃ本末転倒な気がする。

例えば、新記事を書く時のジャンルを選んだ時、スレッドテーマがAjaxを利用したことによりページ遷移することなく切り替わるわけですが、それ自体は素晴らしい。だが、更新中の画像はいらない。

むやみやたらにAjax化すればよいというわけではなく、ポイントを抑えておかないとかえって使い勝手の悪いものとなってしまう。

カテゴリの追加なんかもAjaxを利用して、子ウィンドウ開かずに操作できるようにするとか、記事の自動保存機能なんかを実装して、自動バックアップするようにするとか。

今の画面のままAjax化するのではなく、するならば画面自体ももっとユーザビリティなつくりに変えたほうがいいと思う。

Ajax化したということで期待したわけですが、これじゃあAjax機能はオフにするしかない・・・。
ブログニュース

ブログ関連の色々なニュースを紹介しているブログ。
ざっと見たところ、面白そうなサービスが続々と登場していたようで、これまた時間ができた時にじっくり読みたいのでメモ。
PHPプログラマーズマガジン:日本語で読める唯一のPHP言語専門雑誌-アシアル株式会社
http://www.asial.co.jp/magazine/

さてと、こっちも過去から現在までのを買いあさろう。
PHPのデバッグ関連が載ってるようですね。買わなければ!

WEB+DB PRESS Vol.29
4774125245WEB+DB PRESS編集部


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。