ぼーず奮闘記

PHP、JavaScript、便利ツールなど気になるものを適当に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回Subversionについて学びました。基本的な流れは掴めましたので、今回は統合開発環境であるeclipseの準備を行います。

All-In-One-Eclipseにしようか普通にインストールしようか考えていると、All-In-One-Eclipseの配布サイトにAll-In-One-Tracというものがありました。
以前はなかったのですが、いつのまにか配布されていたようです。
All-In-One-Tracは、Wiki + Subversion + Issue tracking system を実現するTracのWindowsインストーラです。主に以下の機能があるようです。

Wikiによるプロジェクト内の情報共有
Subversionとの連携
要件管理(Issue Tracking)機能
更新履歴(タイムライン)や要件一覧のRSS配信機能


さらに、以下の機能も追加されています。

Apacheの.htaccessを利用してTracの認証とSubversionの認証を一括に行う機能
Apache/Trac/Subversionのコマンドを使いやすくラップしたコマンド群の提供
インターネットに接続できない環境でもダウンロードできる様、Subversionを利用するためのクライアントソフト(TortoiseSVN/Subclipse/Ankhsvn)を梱包
インターネットに接続できない環境でもSubversionの使い方をすぐに調べられる様、Subversionによるバージョン管理を梱包


まぁこれについては、現在の使用しているマシンがwin2kなのでいずれ試してみます。

開発にはeclipseベースのPDTプラグインを利用するつもりですが、PDTが最初からインストールされたオールインワンパッケージがありますので、これをダウンロードします。

日本語化されていないので、プラグイン日本語化プラグインをダウンロードし、インストールします。

インストールが終わったら、PDTからデバッグを行うためにはZendDebuggerをインストールする必要があります。これについては、こちらを参考にインストールします。

んー・・・エラーがでます・・・。ということで、デバッガーについては後々調査します。


・・・随時記事編集中。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umibozzu.blog26.fc2.com/tb.php/246-a86980de

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。