ぼーず奮闘記

PHP、JavaScript、便利ツールなど気になるものを適当に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回からちょっと間が開いてしまいました。家に帰ってから寝るまでの時間が2時間もないこともあってなかなか時間をとれませんでした。

さて、久々にいじってみることにします。

今日はSubversionによるソース管理を軽く練習します。
WEB+DB vol.39に詳しく載っていますの、詳しく学びたい方はそちらを参考に。

まずはコマンドプロンプトを開き、練習用のソースディレクトリを作成します。

md c:/src
md c:/svn
md c:/svn/repos


基本的にコマンドはどうも苦手ですので、他の方は大抵このままコマンドで操作していくのですが、私の場合はウィンドウフル活用で行います。

作成した、c:/svn/repos ディレクトリを開きます。

007.jpg


右クリックメニューから、TortoiseSVN>ここリポジトリを作成 を実行します。

008.jpg


このままOKを押します。

009.jpg


これでリポジトリが作成されました。

次にメイン開発用のtrunk、ソースの変更を行わないtags、変更可能なコピーを管理するbranchesを作成します。

エクスプローラー上で右クリックメニューから、TortoiseSVN>リポジトリブラウザを選択します。

010.jpg


URLを入力するウィンドウが開きますので、file://localhost/c:/svn/repos と入力します。

011.jpg


OKを押すと以下の画面が開きます。

012.jpg


一覧に表示されているフォルダ上で、右クリックメニュー>フォルダを作成 を選択します。

014.jpg


trankと入力してOKを押します。

015.jpg


016.jpg


trunkフォルダが作成されました。同じように、tags、branchesフォルダを作成します。

017.jpg


これでSubversionの練習の準備ができあがりました。

次回は実際にソース管理の練習をします。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umibozzu.blog26.fc2.com/tb.php/243-961b2215

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。