ぼーず奮闘記

PHP、JavaScript、便利ツールなど気になるものを適当に。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

1. ファイル生成スクリプト(generator)を追加
2. bobchinさん作のFilter_SimpleViewの統合
3. Hawkさん作のFilter_FlexyViewの統合
4. プロパティインジェクションの導入
5. Filter_DIContainerに関して、複数ファイルを指定できるように拡張



(1)によって、開発の手間が一気に減りそう。それに、初めてMapleを使う人にどのフォルダにどういうファイルを作って・・・なんて説明をいちいちしなくていいのがいいですね。
(4)のsetter、getterを作らなくてよくなるのはほんとに嬉しい。めんどくさがりな俺にはこれが苦痛で苦痛で・・・。

それにしてもMapleを使った仕事に関わりたいもんです。今はMojavi2系で開発していますが、Viewクラスを作るのがめんどくさい。
しかし、来月からはまたJava関係の仕事の予定・・・。なんか決定ではないみたいなんで、もしかしたらPL/SQLの仕事になるかもしれない。
スポンサーサイト
待ってました。

早速ちょろっと弄ってみましたが、さすがに楽ですねー。
あのだるいSQL文を書かなくていいと思うと泣けてきます。

postgresでしかテストしていないとのことでしたが、MySQLで動かしてみた所、特に問題なく動いてるようです。

テーブルに存在するレコードを取得するにはfind系メソッドを使用します。プライマリキーが分かっている場合には以下のように取得できます。

$member = $gw->find('member', 123);



この部分がうまくいかなかったくらいですかね。
テーブルの設定ミスったかな?
DB関係はまだ弱いんで原因がいまいち掴めませんが・・・。

ばっちり動いてますね(,,゚д゚)


参考URL
kunitの日記
ActiveGateway
ActionChainの使い方がいまいちわからないんですが、ソースに書かなくてもINIファイルに記述してればActionChainが順次実行してくれるようになってるのかな?

その方法があるにせよ無いにせよよくわからないので、とりあえずは以下のようにすることで複数アクションを実行できることを確認。

$container =& DIContainerFactory::getContainer();
$actionChain =& $container->getComponent("ActionChain");

//カウンターアクションをアクションチェインに追加
$actionChain->add("Counter");
//BBSアクションをアクションチェインに追加
$actionChain->add("Bbs");

$actionChain->next();
$actionChain->execute();
$actionChain->next();
$actionChain->execute();


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。